税理士法人 森川会計事務所
プロフィール
    ご挨拶
    税理士 森川敏行
    1967年京都市生まれ。同志社大学卒業後、京都の森川兼造税理士事務所に入所。

    最初は喧嘩ばかりでしたが、職人気質の父親から「税理士とは何たるか?」を教えられたと思います。
    私の仕事の原点であります。

    1994年に税理士登録(登録番号78906号)。

    税理士登録をした頃からバブル崩壊がおきました。数ヶ月おきに顧問先が倒産していき、危機感をつのらせ「これから税理士はどうあるべきか?」という気持ちになりました。父親の事務所では答えが見つけられず、思い切って東京に行くことにしました。
    1995年に東京の本郷会計事務所(現 辻・本郷税理士法人)に入所。

    最初は法人や相続が主な仕事でした。今までと違って規模の大きなクライアントが多く、やりがいと責任を感じました。翌年から医療事業部の部長を務めました。毎日、終電近くまで働いていましたが、とても充実した日々でした。今の私があるのも、ここでの仕事があったからです。

    1998年、森川会計事務所を設立。

    当初は京都で独立開業しました。その後、関東の顧問先が増えていったので、東京に移転しました。
    独立後は株式会社モリタの「歯科開業セミナー」の講師を勤めることになり、今の事務所を創るきっかけとなりました。その後、沢山の開業予備軍の先生に支持され、1,000名以上の歯科医師が受講したロングランのセミナーとなります。

    税務顧問だけでなく、開業前の立地からマーケティング、内装のデザインやロゴマークまでも相談できる税理士です。
    開業後は経営のブレーンとして、税金はもちろん集客やスタッフ管理まで、歯科経営に強い税理士として走り回ってます。

    事務所も青山から始まって、渋谷、御茶ノ水の引越しを経て、2013年の11月から現在の恵比寿に落ち着いております。
    モットーは、 「起業後10年経っても、お客様と喜びを分かち合える税理士になりたい!」